亀山社中と海援隊

亀山社中と海援隊 |亀山社中焼肉通販専門店

海援隊とは

亀山社中とは

1865(慶応元)年、坂本龍馬が中心となって志士たちが結成しました。
社中は「仲間・結社」を意味し、長崎の亀山にあったため、この名で呼ばれていました。

 

1865年から1868年まで3年余りにわたり(この期間には後の海援隊も含まれています)、私設海軍・貿易など、薩摩藩などからの資金援助も受け、近代的な株式会社に類似した組織、商社活動としても評価されています。
運輸、開拓、本藩の応援、射利、投機、 教育(修行科目 政法・火技・航海・汽機・語学等)等、隊の自活運営、政治・商事活動を行っていました。

 

・亀山社中の目的は活動を通じて薩長の手を握らせることにもあったと言われています。
・グラバー商会などと取引し、武器や軍艦などの兵器を薩摩藩名義で購入、長州へ渡すなどの斡旋活動を行い、険悪であった薩摩と長州の関係修復を仲介しました。

 

1866年3月、薩摩の西郷隆盛(吉之助)・長州の木戸孝允(桂小五郎)を代表とする薩長同盟の締結に大きな役割を果たす。
1866年6月の第二次幕長戦争(第二次長州征伐)においては長州藩の軍艦ユニオン号で、下関海戦に参加、幕府軍を相手に戦い、長州の勝利に大きく貢献する。
1866(慶応2)6月時点での主要な顔ぶれは次の19名だったと推測されています。
土佐10名 坂本龍馬、近藤長次郎、千屋寅之助、高松太郎、新宮馬之助、池 内蔵太、石田英吉、山本洪堂、中島信行、沢村惣之丞
越前3名 小谷耕造、渡辺剛八、腰越次郎
越後2名 白峰駿馬、橋本久太夫
紀伊1名 陸奥陽之助(農商務大臣、外務大臣などの要職を歴任した陸奥宗光)
讃岐1名 佐柳高次
因幡1名 黒木小太郎
出身地不明1名 早川二郎

 

「海援隊」に改編

ワイルウェフ号の沈没や大極丸の代金未払い問題等、多くの難題が発生し、亀山社中の運営は困難を極めました。
やがて、経済的に行き詰まり、1867(慶応3)年4月に土佐藩の援助を受けることになって名を海援隊と改めました。
龍馬は脱藩の罪を許されて隊長に任ぜられ、隊士22人、水夫30数人の構成であったと言われています。
亀山社中は、坂本龍馬の理想を実現することの無いままに、土佐藩の支配下に入り、海援隊として改編されたのです。

 

海援隊の名前は、海から土佐藩を援護するという意味から来ていると言われています。
海援隊は土佐藩の援助を受けましたが、基本的には独立していて、仕事の目的は「運輸、射利、投機、開拓、本藩の応援」であり、射利つまり利益の追求が堂々と掲げられていました。
いわば、船会社と海軍を兼ねた組織で、その中で、隊士が航海術や政治学、語学などを学ぶ学校でもあったようです。

 

海援隊の基本理念等は、隊則である「海援隊約規」によく表れています。
入隊資格は「およそかって本藩を脱する者、および他藩を脱する者、海外の志ある者、この隊に入る」。
脱藩者、海外開拓の志を持った者であれば入隊が可能でした。

 

隊の目的は「運輸、射利、開拓、投機、本藩の応援をなすを主とす」。
運輸、射利、開拓、投資、そして土佐藩の応援です。
特に、射利(利益追求)というのは、海援隊が現代の会社のように利益を求め、経営を行うという当時としては画期的なものです。
また、隊長の権限、隊士の互助のほかに、修行科目(政法・火技・航海・汽機・語学等)や隊の自活運営もうたわれており、政治・商事活動を行いながら、様々な勉強をするという集団でもありました。

 

いろは丸沈没事件においては、紀州藩に賠償金を請求しました。
また慶応三年7月に中岡慎太郎は陸援隊を組織しました。
海から応援するので「海援隊」であるから、「陸援隊」と「海援隊」とあわせ「翔天隊」とも称しました。

 

倒幕運動に奔走する中、「大政奉還、内戦回避」を主張する坂本龍馬と薩摩・長州の主張する「武力倒幕」では意見が相違しました。
慶応三年11月15日(12月10日)、京都・近江屋で坂本龍馬が陸援隊隊長の中岡慎太郎とともに暗殺されると求心力を失って分裂していきました。
戊辰戦争が始まると長岡謙吉らの一派は天領である小豆島などを占領し、菅野覚兵衛らは佐々木高行とともに長崎奉行所を占領し、また小豆島も治めました。
長岡兼吉が慶応4年4月土佐藩より海援隊長に任命されましたが、同年閏4月27日(6月17日)には藩命により解散されました。

 

活動の期間は約1年と短いものでしたが、維新後に活躍した陸奥宗光(陽之助、外務大臣)、中島信行(作太郎、衆議院議長)、石田英吉(長崎県令)などの多くの人材を生み出しています
また、長崎土佐商会主任として海援隊との交渉にあたった岩崎弥太郎も、維新後三菱をおこし日本経済の発展に寄与したことで知られています。

 

土佐藩士の後藤象二郎は海援隊を土佐商会として、
岩崎弥太郎が九十九商会・三菱商会・郵便汽船三菱会社(後の日本郵船株式会社)・三菱商事などに発展させていきました。

 

坂本龍馬は蝦夷地(北海道)開発事業に着手する計画を持っていたといわれ、後に親族の坂本直寛が遺志を継ぎ明治時代に北海道空知管内浦臼町に入植しています。

 

海援隊は時代の先駆けであった

 

坂本龍馬は様々な当時の現象を世界という大きな視野で捉えて、運輸・商売に繋げていく発展的な思考能力がありました。
その源を追及してみると、幅広く情報を収集・検索し、それを総合的に判断した上で実行に移すという、時代を先行する抜きんでいた能力を持っていました。

 

そして坂本龍馬は優秀な隊士で組織された海援隊を率いていましたが、それは政治結社であると同時に経済商社でもありました。
この海援隊という組織は、当時の最も進んだ技術を集大成した西洋製の鋼鉄船を持ったり、チャーターして、それを自分たちで運航する技術や能力を備えていました。
隊士の中のほとんどは勝海舟に係わりを持っていた者か、坂本龍馬等と共に神戸海軍操練所で海軍について基礎から学んでいた仲間だったので、航海術・運用術・機関術・算術・天文学・気象学等を修得していました。
そして中にはオランダ語や英語を得意とする者もいました。

 

こうして海援隊は、蒸気船という手段を使って日本を変革していこうとしていました。
それまでの様々な組織や集団が、武力を中心とした戦闘集団だったのに比べて、海援隊はそれらとは全く違った、知識集団でした。

 

そして隊長の坂本龍馬が束縛や規則を嫌い、自由を求めて行動する人間であったので、海援隊を構成する隊士も脱藩者、身分の低い武士、庄屋、町民と様々な階層の出身者が居て、隊内には自由な発想と雰囲気がありました。
その他にも大きな特色として、当時としては画期的な目的地へ物資を輸送する際の、定時性(決まった時・決まった場所へ)の確保という近代的な行動力を備えていました。

 

海援隊は隊士の役割分担が明確で、当時としては稀有な商社的な活動も行っていました。
海援隊が発足すると直ぐさま「いろは丸衝突・沈没事件」や、英艦イカルス号水夫殺害事件等が立て続けに発生して、多難な船出となりましたが、その後9月になると丹後・田辺藩やオランダ商人ハットマンとの商取引がまとまり、活動は次第に活発になっていきました。

 

一方では出版事業も行い、京都には書籍や鉄砲等を販売する直営店を置くなどして、多角的な経営も進めていました。。
亀山社中時代から薩摩藩の船舶の運用から報酬も得ていました。

 

海援隊は文官、武官、器械官、測量官、運用官、簿籌官、医官等に分けられていて、それぞれに担当者がいました。
いろは丸沈没事件では、士官が佐柳高次、文官が長岡謙吉、簿籌官が小曽根英四郎、器械官(機関士)腰越次郎、水夫頭が梅吉でした。

 

坂本龍馬は土佐藩を脱藩した後、勝海舟等に巡り会い、大きく羽ばたいていきましたが、その当時の時代背景について、それなりの予備知識も持っていました。
父八平の後妻・伊与の実家【種崎の御船倉御用商人で、回漕業を営んでいた川島家(下田屋・当時地元ではヨーロッパと呼ばれていた)】に良く出入りして、海事と商業の実際を見聞を広げていました。
そして「万国地図」を見て、世界に思いをはせるようになっていました。
その上に河田小龍から中浜万次郎の漂流・アメリカ体験「漂巽紀略」の内容を詳細に伝授されていました。
その事を裏付ける事例として文久二年に脱藩した時、他の志士達と違って京都へ上らずに、先ず下関から薩摩方面を目指していました。
それは当時の薩摩藩には既に造船所や反射炉等当時の先進工業技術が芽ばえており、そうした事実を坂本龍馬は理解し、興味をもっていたからです。

 

優秀な隊士の代表的な存在が近藤長次郎で、英語の学力があり才覚も備わっていましたた。
また沢村惣之丞や白峰駿馬も得意の語学力を駆使して、外国人の接待係をこなしていました。
長岡謙吉は「船中八策」を起草出来るほどの学識を持っていました。
「商法の愚案」を提出した陸奥陽之助は理論明敏でした。
この様に海援隊には優秀な人材が数多くいました。

 

海援隊は藩にとどまらない斬新な考え方で組織作りをしていたので、土佐藩以外の出身者も分け隔て無く迎え入れ、同等の扱いをして、レベルをあげていけたのです。
この事は「本藩(土佐)を脱する者、他藩を脱する者、海外に志しある者」を隊員とすることが、「海援隊約規」で明らかにされており、幕藩体制下の当時としては考えられない、自由な発想を持った組織であったことからも裏づけられます。

関連ページ

亀山社中の歴史について
歴史の中の亀山社中について説明しています
坂本竜馬の名言集
亀山社中を設立した坂本竜馬が残した言葉、名言について紹介しています。
真実の坂本龍馬とは
亀山社中を設立した坂本竜馬はイメージが先行していますが、真実の坂本龍馬について追及しています。
亀山社中の黒幕伝説
亀山社中に黒幕伝説について
坂本龍馬ファン必見!坂本龍馬グッズ
亀山社中・歴史・坂本龍馬についてのカテゴリーです。
宝塚の坂本龍馬
宝塚の坂本龍馬
ドラマ『JIN-仁-』での坂本龍馬
ドラマ『JIN-仁-』での坂本龍馬
坂本龍馬最新ニュース
坂本龍馬についての最新ニュースを掲載しています
坂本龍馬グッズ販売の目録
坂本龍馬グッズ販売の目録

ホーム サイトマップ
お支払い&配送 返品&交換 SHOP紹介  FAQ  お問い合わせ カートを見る