亀山社中焼肉でバーベキューをするには

亀山社中焼肉でバーベキューをするには

亀山社中焼肉でバーベキューをするには

バーベキューとは

 

バーベキュー(英: barbecue)とは、薪、炭、ガス等のて肉や野菜、魚介類などを焼く料理またはその調理法や行為を指します。

 

語源は「丸焼き」を意味するスペイン語のbarbacoa。英語圏ではBBQ(cueがQに置き換わる)やB.B.Q.、Bar-B-Cue、Bar-B-Qと略されることがあるそうです。

 

日本では、直火による人が集まっての調理と食事を野外で楽しむ行事全般を「バーベキュー」と呼んでいるようなところがあります。

 

場所としては、自宅では庭、ベランダやバルコニーなどで、屋外では、キャンプ場や海岸、川辺、公園などで行うのが一般的でしょうか。
バーベキューを料理する人物のことを「ピットマスター」と言うそうです。

 

焼肉とバーベキューの違い

 

日本人的な考えでの「肉を焼く」という調理が主体なのが「焼肉」、
アメリカ的な考えの「肉を焼いて食べる」全の工程が「バーベキュー(BBQ)」といえます。

 

バーベキューを上手に行うには

 

バーベキューは、単に網の上で焼くようにみえますが、簡単に見えて実は奥が深い料理です。

 

調理器具選びや肉の焼き方など、BBQを上手に行うには、ちょっとしたコツがあります。

 

バーベキュー用具について

 

バーベキューが一番おいしいのは「遠火の強火」です。
炭の遠赤外線効果で、中まで火を通し、脂質の多いお肉からは油がしたたり、中からやさしく肉を焼きあげてくれます。

 

 

バーベキューグリル(コンロ) ⇒ガスグリル OR チャコールグリル(炭火焼き用グリル)

 

・ガスグリル
 ボタン一つで点火でき、火加減調節も簡単に行えます。
 溶岩プレートなどの遠赤外線効果を発揮する補助アイテムも発売されています。
 お手軽にBBQを行いたいならガスグリルが使いやすいです。  

 

・チャコールグリル(炭火焼き用グリル)
 スモークなど多彩な調理が行い易いし、炭火の遠赤外線効果を使って、分厚い肉を焦がさずに中まで火を通すことが可能です
 何と言っても炭火の方が「バーベキューをしている!」という実感が湧きます。
 炭火の火付けや後始末など手間がかかっても、本格的にBBQを行いたいなら炭火タイプがおすすめです。

 

バーベキューグリルは、蓋(フタ)付きタイプがお奨め

 

・蒸し焼きができます。蒸すことでぶ厚いステーキや骨付のお肉にしっかりと熱をいれることができます。
・グリルの底と蓋の天井部に、開閉できる通気孔がついているとら、温度調節がし易く便利です。

 

・蓋のおかげでスモークをかけることができます。
・わずかな香り付けで味わいは大きく変わってきます。ラム肉やカモ肉などのクセがある食材を使う場合は、これらの機能が重宝します。

 

・鉄板or網

食材を焼く鉄板、網が必要です。
  焼肉には脂が落ちるので網が、焼きそばなどをする場合は鉄板がおすすめです。

 

その他BBQグリル選びの重要なポイント

 

・グリルの脚が頑丈で安定している事。
・商品に保証期間が付いていて、出来るだけ保証が長いもの。

 

・横にサイドテーブルが付いていると、便利で使い勝手が良いです。
・焼き網のすぐそばにテーブルがあれば、あらゆる場面で重宝します。

 

・アメリカ製のグリルは、ステーキ肉に焼き目を付ける等の目的で、網目が荒い(隙間が大きい)傾向にあります。
これを使って日本人が小さくスライスした肉を焼くと、肉が網の間から落ちてしまうことがあります。

 

焼肉型BBQをしたい人は、網目の細かさにと肉の大きさに注意してください。

 

亀山社中焼肉は、大きな塊を焼くので、アメリカ製のグリルでも十分対応できます。

 

 

調理について

 

バーベキューの典型的な失敗は、火加減調節が悪く、温度が高すぎて食材を焦がしてしまうことです。
上手に火加減の調節に十分気をつけることが、おいしく食べるための秘結です。

 

その他バーベキューに必要なもの

 

・チャコールグリル(炭火焼き用グリル)には、

 

1、木炭が必要です。
炭には黒炭と白炭の2種類があります。
  黒炭は火がつきやすく火力が強いにのに対し、白炭は火はつきにくいが長時間燃え続けます。
  バーベキューには、白炭が適しています。

 

2.着火材
簡単に炭に火をつけことができます。ペースト状や固形のものなどいろいろありますが、値段が安いので十分です。

 

3、うちわ
火おこしの際、うちわで煽ると炭火が起きるまでの時間が早くなるので便利です。

 

4.火バサミ
炭を入れたり、移動させたり、網を持ったり、焼いている肉をひっくり返したりなど、熱いものを持つときなどに便利です。

 

その他必要なもの

 

・クーラーボックス
食材などを冷やして持っていきましょう。

 

・軍手
汚れた網やコンロなどのかたづけなど、軍手があれば便利です。

 

・ごみ袋
ゴミ箱の準備がない場合は、ゴミはすべて持ち帰りましよう。
  いろいろ必要なので、多めにもって行くと役だちます。

 

・皿・割り箸
 紙皿が便利です。ごみ捨ての場所がなければ、必ず持って帰りましょう。

 

 

マナーについて

 

日本人のバーベキューのマナーは欧米に比べて劣っている(マナー意識が低い)と言われます。

 

公園や河川敷の中には「バーベキュー禁止」とされている所が多くあります。
周辺での違法駐車、ゴミをそのまま放置、放棄、騒音などのマナーの悪さの故です。
「禁止」とされている場所でも、堂々とバーベキューを行っている人達が後を絶たないようです。

 

一部のアウトドア雑誌などでは「バーベキューで残った炭は地面に埋めて帰りましょう」という、間違った指導をしています。
燃え残りの炭は、食物の残飯などと違い微生物に分解されにくい性質なので、ビニールや空き缶などと同様、食物連鎖に乗って自然に帰るということはありません。
環境破壊に直結するので、炭は絶対に地中に埋めずに、持ち帰らなければなりません。

 

決められた場所で決められたルールにのっとり、周りの人に迷惑をかけないで、バーベキューをしましょう。

 

ゴミの持ち帰りは、基本中の基本です。
使った後は、必ず現状復帰して帰ってください。

関連ページ

亀山社中焼肉がBBQに最適な理由!
亀山社中焼肉でバーベキューに最適な理由
亀山社中焼肉でBBQを楽しむポイント!
亀山社中焼肉でバーベキューを楽しむポイントは?
バーベキューのできるお奨めスポット
バーベキューの場所についておすすめスポットを紹介しています。

ホーム サイトマップ
お支払い&配送 返品&交換 SHOP紹介  FAQ  お問い合わせ カートを見る